激安 印鑑 通販 の はんこ通販ドットコム なら 印鑑 実印 角印 会社印 ゴム印 など はんこ専門店ならではの品揃えでご提供します

はんこ通販ドットコムのトップページへ Myページへ
選べる支払方法 安心の10年保証 デザイン確認無料 即日発送OK 印材いろいろ
現在のカゴの中
商品数:0点
合計:0円
カゴの中を見る
個人印
実印
銀行印
認め印
訂正印
実印・銀行印セット
銀行印・認印セット
認印・訂正印セット
法人印
実印
銀行印
角印
士業・資格印
法人設立セット
カラフル印
てまり
オーロラ
フェアリー
スタンプ印
住所印(分割式ゴム印)
住所印(スーパーウッド)
住所印(トップスター)
住所印(浸透印)
小切手印(クリアメイト)
風雅印
ネーム印鑑
データー印
データー印(浸透印)
慶弔用ゴム印
学校用評価印
子供用お名前スタンプ
介護用お名前スタンプ
一般用柄付きゴム印
ビジネス用浸透印
勘定科目印
オリジナルゴム印
印鑑小物
ケース
朱肉
スタンプ台
その他
高級限定品
高級限定品
ショッピングガイド
当サイトについて
特定商取引法の表示
プライバシー・ポリシー
お問い合わせ
お支払方法・配送について
印鑑のデザイン確認
印鑑 10年保証について
スピード納品について
Q&A
印鑑について
 印鑑の材質について
 印鑑のサイズについて
 印鑑の書体について
 印鑑の基礎知識
トップページ >> 印鑑の基礎知識
印鑑の基礎知識

普段、何気なく使っているはんこ(印鑑)。
実は普通の人が知らないことも多くあります。

ここでは、はんこを使う上で知っておくと便利な基礎知識をご紹介します。

「印鑑」と「はんこ」って同じじゃないんです

はんこのことを「印鑑」といいますが、実際にはこの呼び方は間違っています。
印鑑とは、はんこを捺した後に紙に残る形である「印影」のことなんです。

市役所や銀行などに提出しておく印影のことを指して「印鑑」といいます。
現在では、「印鑑」と「はんこ」を同じように使っていますが正しい言葉は「はんこ」、または「印章」なのです。

銀行印は口座ごとに用意しましょう

「銀行印」は銀行に届け出をしているはんこのことで、銀行預金、郵便貯金など金融機関に使用します。
面倒なので1本のはんこで複数の口座を開設している人が多いのですが、金融機関や口座ごとに違うはんこを使う方が安全です。
預金通帳と一緒にはんこが盗まれた場合に損害を最小限に抑えることができるからです。

捨印を気軽に捺してはいけません

銀行の口座振替の申し込み用紙などで「捨印」を捺すことがあると思いますが、実はとても危険。
捨印は訂正印の役割を果たすもので、訂正箇所が多くあった場合に何度も書類を往復させる手間を省くためのもの。

つまり捨印を捺したら、「この文書の内容が変更されても構いません」と言っているのと同じなのです。
例えば悪徳業者から借金した場合に借用書の金額を変更されてしまう可能性もあるわけです。

銀行など信用できるところとの取引以外に捨印を捺すべきではありません。
充分に気をつけてください。

認印が実印と同じ効力になることもあります

宅配便が来たときなど、日常生活や職場でもよく使われる「認印」。
朱肉が必要無い「シヤチハタ」のXスタンパーなどが有名ですね。

気軽に捺せるのでポンポン捺してしまいがちですが、本人の意思を表すことに変わりはありません。
認印であっても契約書などの重要書類に捺印すると「実印」と同じ効力が生じる場合もありますので注意してください。

実印にできないはんこがあるんです

自動車を購入するときなどに必要になる実印と印鑑登録証明書。
実印とは、市町村役場に登録したはんこのことで、契約時に使用者の意思を証明する役割を果たします。

しかし実ははんこなら何でも実印にできるわけではなく、各市町村によって微妙に異なります。
ほとんどの場合には「印影の大きさが直径8mm以上25mm以内の正方形に収まるもの」で問題ないようです。また、登録印は戸籍上の氏名、苗字、名前のいずれかが完全に表示されたものに限られます。

特に注意すべきなのは、苗字と名前の一部を組み合わせたものや、氏名をひらがなやカタカナに変えたものは登録できない市町村が多いことです。

さらにはんこの素材もゴム印など変形しやすいものは当然ダメです。大量生産された既製の認め印なども同じ印影が存在する可能性があるので、実印には不向きです。

日本では「実印」が法的に重要なものなので、厳しい条件があるのです。

このページのTOPへ
特定商取引に関する法律お支払方法・配送についてお問い合わせプライバシー・免責事項
Copyright(C)2009 by PRO-VISION All Rights Reserved.